_KTN8850_03_edited.jpg

土井 由希子

 

3 歳からバレエをはじめ、15歳からロシア バレエ インスティテュートで学び、ボリショイバレエ学校へ短期留学する。その後スイスのGENEVA DANCE CENTER へ留学し、クラシックバレエ、コンテンポラリーを学ぶ。

18歳でチャイコフスキー記念 東京バレエ団へ入団、数多くの公演に出演する。

退団後、日本バレエ協会公演「ヤングバレエ フェスティバル」「都民芸術バレエ フェスティバル」等に出演し数多くの作品を踊る。

 バレエの活動にとどまらずコンテンポラリーダンスに興味を持ち勅使河原三郎と共に活動し世界で活躍する。2004年ウェルネスアーツスタジオ設立時より運営に携わり指導にあたる。

スタジオで講師を務める他、公益財団法人武蔵野生涯学習振興事業団などへの講師派遣、講師育成に務めている。

自身が代表を務めるプロデュースプロジェクト「Melos Dance Experience」www.melosdance.comでは  アートプロデューサー、ダンサーとして活動を行なっている。
 

サムネイル3-3.png