土井 由希子

 


3 歳からバレエをはじめ、15歳からロシア バレエ インスティテュートで学び、ボリショイバレエ学校へ短期留学する。その後スイスのGENEVA DANCE CENTER へ留学し、クラシックバレエ、コンテンポラリーを学ぶ。
18歳でチャイコフスキー記念 東京バレエ団へ入団、数多くの公演に出演する。
退団後、日本バレエ協会公演「ヤングバレエ フェスティバル」「都民芸術バレエ フェスティバル」等に出演し数多くの作品を踊る。

 

バレエの活動にとどまらずコンテンポラリーダンスに興味を持ち勅使河原三郎と共に活動する。
2000年から2004年まではヨーロッパ、アジアを中心に活動し、「オランダ国立バレエ」「オーフスフェスティバル」(デンマーク)「サドラーズウェルズ劇場」(イギリス)エジンバラ国際フェスティバル(スコットランド)リール オペラ座(フランス)その他、数多くの国々でのダンスフェスティバル、ツアー公演に出演する。
2004年ウェルネスアーツスタジオ創立時より運営に携わる。
2015年、共にロシアバレエを学んだ仲間と「SPRING of ARTS」を設立し、古典バレエの継承と育成をテーマに活動を始動。2015年秋に第1回 BALLET TRADITION 公演を開催後、2017年第3回目まで出演の他、制作に携わる。

 

2017年 土井由希子マネジメント&公演企画プロデュース「Melos dance office」を設立。クラシックバレエとコンテンポラリーで活躍してきた経験から自身のプロデュースプロジェクト「Melos dance project」を始動させ、コンテンポラリーとネオクラシックをテーマに2018年4月 メロスダンスエクスペリエンス第1回公演「Rejoice 」2019年11月に第2回公演を開催。2020年6月に第3回公演を開催する。

IMG_3404.jpg

© Wellness Arts Ltd. All Rights Reserved.